関節痛はサプリメントで改善しよう|ゴクッと気楽に摂取

サプリ

健康な骨を作るために

痛がっている男性

栄養不足が骨を弱くする

骨粗鬆症は骨の密度が粗くなり、いわばスカスカになってしまった状態のことをいいます。進行するとつまずく、尻もちをつくといったささいな原因でも骨折しやすくなり、日常生活に支障をきたしてしまうおそれがあります。骨粗鬆症は主として加齢に伴って骨を形成する細胞の新陳代謝機能が衰えることで引き起こされますが、栄養バランスを欠いた食生活によって骨形成に必要なカルシウムが不足するとその進行を加速してしまいます。予防や改善のためには、骨を丈夫にすることを主眼においた食習慣を確立するとともに、必要に応じてサプリメントなどを利用することで栄養を補う必要があります。ただ注意が必要なのは、カルシウムだけを摂っていれば十分かと言えばそうではないということです。骨粗鬆症の予防には他の栄養素も必要なのです。

カルシウムだけではない

カルシウムはもともとそのままの形では吸収されにくく、摂取しても70〜80%が身体を素通りして排出されてしまうと言われています。しかし、ビタミンDやビタミンKといったビタミン類を同時に摂れば、吸収率が大幅に高まることが分かっています。したがって骨を丈夫にするためには、食事やサプリメントからこれらのビタミンを補給することが重要になります。また、今後注目度が高まっていくと考えられているサプリメント成分がイソフラボンです。骨粗鬆症は閉経後の女性に多く見られることから、女性ホルモンの減少が発症に関わっていると考えられています。イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンと似た作用をすることが知られています。そのため、イソフラボンの摂取を意識した食生活やサプリメントの利用も重要になってきます。